知人に話をした時、わかってくれたようには思えましたが

 

元気で幸せという事は嬉しいですけれど、いつも悩みや問題は尽きないものですね。
先日、この話を知人にした事がありました。
明快な答えはかえっては来なかったのですが、太太は分かってくれたように思えました。
実際は分かりません。

彼も一児のパパとして、頑張っているから、父親の視点というもので、子供をどう見ているのかというがちょっと興味がある話でした。
家族や子供を持っている人って、シングルだけの人とはちょっと違うと思っているのですけれど。

とはいえ、彼は、私生活を世間に出す事なく、奥さんと毎日暮らして、仕事に行っての繰り返しだと聞いてはいます。
何を仕事にしているか、全て不明なのですけれど、考えてみると、それが当たり前ですよね。
一応彼のサイトを見たら、鉄鋼で家具などを作る職人なのだそうです。

その仕事内容などで、彼は凄いなと判断していました。
自分は確かに何もないけれど、いつか大成してやると思って、ずっとなれず仕舞いでした。話は違っていますけれど。

http://xn--vek169jgyb0znm3ae56m.xyz/

ブリジットジョーンズ3をやっと見ました

ブリジットジョーンズの日記3をようやく、先日ツタヤでDVDをレンタルしてじっくり見ることができました。
コリンファースのイギリス訛りと、薄い唇が好きな私には、今作もたまらないシーンがたくさんありました。
ブリジットはいくつになっても、チャーミングで危なっかしくて、とても親近感があって、1人で自宅で見ていても、友人の話を聞いてゲラゲラ笑っているような気分になります。
仕事も成功し、友情も築いているブリジットが、恋愛のことで振り回される様子や、マイペースな姿はポジティブであり、素直で一生懸命で、ラブコメ作品なのでサラッと見ることはできますが、女性とは何か、働く女性のモデルとして教えてくれるような気がします。
今後、続編はもう出ないような気がして、少し寂しい思いもありながら、ブリジットジョーンズシリーズは何年経っても色褪せず、ある意味で女性の憧れの存在として、ずっと光り輝くと思います。
できればスピンオフ作品などで、子育てに奮闘する様子も拝見したいものです。人妻が待っている出会い系サイトをみつける