コーチや講師の立ち位置という

ダイエットの自分で決めたプログラムなのですが、例えば、午前の時間帯に、100分歩いて、午後に100分という歩き方です。
この間、休まなくてもいい歩き方に集中させます。
そうして、歩数をあげていくのが、ダイエットにも体力増進にも良いのではないかと、自分では思っています。

一応、コーチにも話しておこうかと思ったのですが、何でも講師に携わる人というのは、教える側や育てる側に、きちんと精神的にコントロールしていく役割がないといけないのですね。
前、何か違うものをやっていて、いきなりお前はだめだと言われた時、なんだこいつはと真面目に思いました。
まるで、講師や先生と言われる人たちが、のっけから否定するのです。
他の人の作品も、客観的というよりは、もう否定しまくりで、この業界は伸びないなと思ってやめてしまいましたけれど。

まあやめて正解だったと私は思います。

業界の問題もありましたが、最初は初心者なのに、いきなり否定されたら、誰だってやる気はなくなると思わないでしょうか。30日間無利息 キャッシング